楽しんで頂けたら至福の幸せでございます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、今日も見てくださって有難うございます。
ポチッとして頂き本当に有難うございますだぁ~

今回は、自作のショートショートをお送り致します。はずかし~!

旅行写真

A子と出会ったのは三日前のことだった。
よく行く喫茶店で、僕の2つ隣の席に座って本を読んでいたのが彼女だった。

僕は、なにげなくA子に話しかけていた。
何故か他人とは思えない感覚がお互いにあったのだろう
二人はすぐに意気投合していた。

そして今日、僕のマンションにA子が遊びに来ることになった。

A子 「素敵な部屋ですね。」
僕  「ありがとう、まあ、座って。今、お茶入れるから・・・」
A子は部屋を見渡して座ると、僕が写っている写真に眼がいった。

A子 「この写真、何処で撮ったんですか?綺麗な海ですね。」
僕  「ああ、会社の旅行でグアム行った時のです。」

A子 「隣りで一緒に写っている女性は、どなたですか?」
僕はA子の言葉に耳を疑った。
その写真は、海をバックに僕ひとりしか写っていないからだ。

僕  「いや、あの・・・・」
困惑した僕の様子を察したA子が、衝撃的な言葉を僕に言った。
A子 「ごめんなさい。私・・・れ・・・霊が見えるんです。」

僕  「ええっ!」
驚く僕の声と同時に、誰かが部屋に入ってきた。
友人のB君だった。

B君 「なに驚いてるんだ。ドアが開いてたから、勝手に入ったぞ
    ピンポン鳴らしても聞えなかったみたいだったからさ。」

僕  「あ、ああ・・・」
B君は、驚いている僕を不思議な顔でみつめて言った。

B君 「しかし・・・お前、誰も居ない部屋で・・・
                いったい誰と会話してたんだ!?」
    
そういう訳で、コントな一時!?の動画をご覧ください。
コントの様なおばちゃんのアクシデントが見ものです。             



今日の一訓

☆人生の節目となる瞬間は、自分でそれとは解らない☆
                                       
あなたに幸せが訪れますように・・・・

ブログランキング参加中!
是非2票ほどクリックお願いします(v^ー゚)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。